FC2ブログ

春走りをしようと・・・

 2012-04-06
朝・・・ウエストバックに免許書を入れ心は走り気分
バイクを出そうとドアを開け外へ出たとたん
突風!! ひぇぇぇぇーーー 走り気分が 
しぼんでしまいました・・・シュン
空は明るくて走り日和な感じなのですが
爆風低気圧の後追い風が時折ドッピューーと吹くので
今日は走るのを止めました。

ウエストバッグ


*************
三佳さん こんにちは!!
アラ還ばぁちゃんはビビリライダーです(笑)
三佳さんのブログの写真を見ると・・・春は・・・まだ
ブルーグレーな 空と海 そして 雪
でも真冬の色とは違いますよね。

三佳さん
東京海上日動火災の人身傷害補償特約のことを
いろいろ・・・お伝えしなくちゃぁ~と 思いながら
HPにアップした後 何だか気が抜けて ぼんやりしていました。
「ねこの時計」に行ったりして心ほぐしな時間を過ごしていました。
でも・・・いつも 気持の底に引っかかっている
人身傷害補償特約の裏側に潜む「契約者泣かせなところ」を
無くさないと・・・・と 思い 続けています。

昨今の報道などで指弾された・・・・東電の料金値上げ通達の不親切な書面と
東京海上日動火災の人身傷害補償特約約款が同様に思えました。
東電は「料金値上げに不服のある場合は御連絡下さい」と書いていますが
連絡しなければ値上げに同意したと見なし料金を値上げする算段だったようです。

東京海上日動火災の【人身傷害補償特約】約款は
「判決または裁判上の和解において損害額を基とする」の記載を省き
「損害額の認定は約款に基づき東京海上日動火災が行ないます」としています。
東電以上に東京海上日動火災は非道です。
電話で済む値上げ阻止と加害者との裁判を終え・・・
契約保険会社と過失補填裁判をしなければならない負担は大です。

人身傷害補償特約は加害者と裁判をせず100%の補償が得られることを
セールスポイントにしています。
賠償金支払いを100%受けられ良しとする契約者ばかりではないです。
事故原因を明らかにするために裁判をしている方々を多く知る私は
裁判をさせないための保険会社の裏事情があると思いました。
裁判を長引かせず遅延損害金の払い出しを無くすことが含まれている・・・と

東京海上日動火災を除く他損害保険会社の約款には
裁判か和解の損害額を基準とすることが記載されています。
東京海上日動火災の約款には、その文言がありません。
今回、千葉のKさんの場合、東海の損害額算出は700万以上も
裁判判決損害額より減額されたものでした。
東京海上日動火災は約款に裁判基準支払いが書かれていないと
裁判判決の損害額の支払いに応じずに済めば・・・保険金払い出しを削減できる
【損益を削減できる】と計算をしているからなのです。
東京海上日動火災の人身傷害補償特約は・・・不備な約款のために
契約者が泣かされています。

私は・・・語りの会の方々や幾つかの集まりの会の方々に
人身傷害補償特約の話をさせていただきました。
驚いたことに、
人身傷害補償特約の補償の中身を知らないまま・・・
更新手続きをしていた人が多いのにビックリしました。
搭乗者補償と人身障害補償特約の違い(過失補填)を教えました。
大方の人は担当者に、お任せ更新状態で・・・
いつから人身傷害補償特約プランになっていたのか知りませんでした。
そうした人たちは重大事故の時・・・(相手がいた場合の事故)
人身傷害補償の契約補償額の支払いがされると思っているはずです。
契約保険金額が全額支払にならない事例を説明されていないのですから・・・
そうしたことで自己契約保険会社と裁判をするような・・・こともあるかもしれません。
 
東電の料金値上げ通達不備は各方面の指摘があって
今回は無くなったようです。

3月中旬に・・・朝日新聞の記者さんと(新聞掲載記事「患者を生きる」)電話で
話す機会がありました。驚いたことに記者さんは
「いのちメッセ群馬開催の折」取材いただいた方だったのです。
Aさんの乳がん症状と同じ患者さんの記事を読んで
治療方法を伺いたくて朝日新聞にメールしました。
群馬から本社に異動して5年以上経って電話を頂いたので・・・
奇遇な縁(えにし)を思い涙が溢れました。
そして・・・・記者さんに
東海の人身傷害補償のことを話したのですが・・・
記者さん自身「人身傷害補償特約」のことを何も知らなかったようです。

万一の事故に備えての保険の補償内容を理解しないまま契約している
契約者が悪いのでしょうか?

説明をきちんとしていない保険会社側が悪いのではないでしょうか!!

私は損害保険会社の代理店として契約者さんに対し誠実でいたいのです。
人身障害補償特約の説明をきちんとします。
東京海上日動火災も約款をきちんとして欲しいのです。
不誠実な約款のままで契約者さんを泣かすことはしないで欲しいのです。

新年度になったので・・・・そろそろ金融庁に訴えようかと思います。
大手損保に立ち向かうのは
ビビリライダーのセローの荷台には大き過ぎるかもって 
思う 4月です。 
          **********************
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://soradeauhini.blog36.fc2.com/tb.php/241-976a3bc8

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫