FC2ブログ

黒い瞳に 真っ直ぐ 見詰められて・・・・

 2012-03-10
詰め襟の学生服を着た大助が目の前にいた

「あれぇ~ 大助どうしたの 学生服着て・・・」
「うん 卒業式だったからさ」
「えっ いつ?」
「3月3日だよ」
「えっ なんで・・・どうして教えてくれなかったの」

テーブルを挟んで目の前にいる大助は
「お母さん 忙しいみたいだったからさ」と 事も無げに言った。

確かに 私の頭の中は
東京海上日動火災の人身傷害補償特約約款不備を改正させるために
私が出来ることは・・・何をしたらいいんだろう
太田支社に意見書を出す
HPを作成する
金融庁に申し出る・・・などなど 思い巡らしていた
そして
3月3日に静岡県のSさんのTBSテレビの報道特集を見て
遺された家族が・・・どんなに不条理な状況下に置かれるか・・・

遮二無二・・・自分たちの手で現場再検証した
加害者の処分見直しを訴えた
非道な保険会社と戦った
加害者の自己保身のウソを誹謗中傷を正そうと・・・奔走した。

Sさんの息子さんと大助がオーバラップした 

“早く 早く 今 やるべき事を しなくちゃ”
急かれる思いのままHP作成をしていたのだった

9日の朝 目覚める前に見た夢の中で
大助は・・・黒い瞳を真っ直ぐ 私に向けながら
「大丈夫・・・ 一人だって 大丈夫だよ」
「ちゃんと卒業式は済んだよ」
「お母さん 心配しなくて 大丈夫だから・・・」
そう言いながら 大助は笑った

ぱっ と 目が覚めた私は・・・ 
大助が見守ってくれているんだなぁ と 思った

学生服姿の大助が当たり前のように目の前にいた
嬉しかったなぁ~

ふと 思った 
東京海上日動火災太田支社の支社長の泳いでばかりの視線は
なんだ!!

2月の代理店会に支社長は顔を出しませんでした。
そのことを事前に代理店巡回社員に聞きましたので
支社長に渡して欲しいと意見書と他社の約款抜粋を
持ち帰らせました。社員も読むように言いました。
私が何を言い続けているかを知って欲しかったのです。

意見書


東海から何も言ってこないので・・・・

3月6日太田支社に書類持込をした折
フロアの奥に居た支社長を呼び出し約款改正が有るのかを尋ねました。

イスに座って話す私は立った支社長を見上げ支社長の目を直視し続けました。
支社長は視線を泳がせ私から目を逸らすことが多かった。

東海の人傷特約は契約者さんの権利を奪う特約だと
HPやブログで公表します。金融庁にも届け出ます。と
支社長に言いました。
代理店として社内コンプラ違反になりますか?と
支社長に尋ねました。
支社長は構いませんと言いました。
と言うことでHPにアップいたしました。

支社長は、社員経由で渡した意見書(他社約款)を読み
何かしら感じたようだった。
代理店の声として申し添え 上(本社)へ送ったとか・・・・

大助の真っ直ぐな視線と比べたら・・・支社長の目は
挙動不審だったように思う。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://soradeauhini.blog36.fc2.com/tb.php/239-28a3c739

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫