蓮の花 一輪・・・・

 2014-03-27
去年4月・・・館林の友人から ゴボウほどの細い蓮根をいただいた

その細い蓮根は20センチたらずだった 

素焼き火鉢に土を入れ水を張った中に静かに埋めて 

毎日 朝に夕に・・・水を注ぎ 

小さな蓮池の水が腐らないよう 干上がらないよう 

小さな池の か細い蓮根の命を 見守った 

蓮根

梅雨に入る頃には 火鉢の小さな蓮池から 丸い葉が伸びやかに幾つも大きく育った
蓮葉
ゴボウほどの細い蓮根が・・・火鉢の小さな池の中で・・・ 

古墳から蓮の種が見つかり・・・・数千年の時を越え 蓮は芽吹き花開いたとか・・・

この蓮根は古代蓮の命を紡いでいる

八月半ば・・・盆送りを過ぎて 茎の先に葉とは違う形があった

蓮蕾
友人は言っていた「お盆を過ぎた頃に 花が咲くと思うよ」って・・・・

ほんとうに 花が咲くとは・・・信じられなかった・・・「つぼみ」だぁーーーー

咲いた 咲いた 蓮の花が 咲いた     

蕾開く
蕾が 開いた!!

あの・・・ゴボウのように細い蓮根に・・・なんとまぁ~ 美しい

花開く!!
 
朝の風 散る花びらの 秋を告げ 
花散りて

絢爛風雅な華凛・・・秋風 花散らす 時を越え 命紡ぐ種を育む  
秋告げ

命紡ぐ 種 九粒
命紡ぐ

木枯らし吹いた日 散り散り 種離れ 

蓮枯れ泥に 帰る  


そして・・・春 命紡ぐ種 風旅人眠る 辺り 

いつの日にか 

古代蓮の花咲く池となるかも・・・ 種を放る

秘密だよ!!


彼岸過ぎ 裏山の鐘の鳴る 日暮れ前 まだ風が冷たい空に

ツバメが旋回しているのを見た・・・・戻って来たんだね

「お帰り!!」
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫