優しい風が吹いたら・・・

 2013-06-27
あるTVドラマのエンディングソングを初めて聴いた夜
私は泣いてしまった

小田和正のハイトーンボイス「 今は・・・もう 叶わぬ 事 」 
ウッ 悲鳴を 飲み込んだ

「長い坂道 振り返れば 幾つかの 小さな心残り」
体が揺れて 喉の奥から 噴出したのは 閉じ込めた思い
それが・・・ぽろぽろ あふれて 流れた

テレ朝の「遺留捜査」と言うドラマは・・・終わってしまった。
ドラマの終わりに流れる曲を聴きたい
だから・・・ドラマを見た・・・と言う感じがする。
ドラマは終わってしまったけど

ふぅーーっと 小田和正のハイトーンボイスが 聞こえ・・・
♪~今は もう 叶わぬ事 ~♪ 私は その歌を 口ずさんでいる

家の前の坂道を自転車のペダルをシャカリキ踏み込んで上って来る
学生服の男の子を思いながら
♪~ 長い坂道 振り返れば・・・・・
♪~ ありふれた 遠い あの日・・・
♪~ やさしい風が吹いたら 歩き始める それを君は待っている


梅雨休み 束の間の 青空と太陽と やさしい風・・・
それは・・・大助からの・・・贈り物のような 一日だった

---晴れ晴れと  車検コースの 父子日和---

大助が 見守ってくれている・・・って 思ったよ!!


それから・・・郵便受けに・・・届いていたCD
まさかの・・・小田和正氏の楽曲CD 
リターンライダーさんからのプレゼント!!

odacd

ありがとうございました!! 

6月 やさしい風が吹いた日 歩き出した・・・日


 


タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫