ピースロード122(世界道路交通犠牲者の日)パレードツーリング

 2012-11-18
世界道路交通被害者の日
世界道路交通被害者の日 ( World Day of Remembrance for Road Traffic Victims ) は、
1993年Road Piece という団体によりイギリスの国内で始められた後、
多くのNGO団体の協力で国際的に運動の輪が広がり、
2003年にはWHOの呼び掛けで国際的なネットワークが形成され、
更に2005年には、国連総会における 「 世界的な道路安全の向上 」に関する決議( A/RES/60/5 )の中で、
「 メンバー国及び国際社会は毎年11月の第三日曜日を、道路交通事故の犠牲者とその家族について確認する、
道路交通犠牲者の追悼の日として認識するよう要請する 」 こととなったものです。

「交通事故被害者支援は」事故を無くし被害者を作らないことだと考えます。
「混合交通の道路にロードコミュニケーションの輪をつなげ交通事故撲滅」をスローガンに
交通安全推進イベントとしてピースロード122パレードツーリングを行ないました。

目的  混合交通の道路上に優しさを吹き込み「気持ちの通じ合い」を提言
   (日本の真ん中 群馬から発信 ロードコミュニケーションの輪を広げよう)
日時  2012年11月18日 日曜日 受付開始10時より
内容  ライダーとドライバーがピースサインを交し合う一日
場所  桐生競艇場 第7駐車場集合 出発10時30分
     ゴール 草木ダムサイト
企画  世界道路交通犠牲者の日
    交通事故撲滅推進パレードツーリングを開催
    「ピースロード122」
                 122map

17日に上毛新聞にてパレードツーリング告知いただきました。
参加くださったライダーさん ありがとうございました。
集合場所の桐生競艇場第7駐車場が分からず・・・
参加いただけなかったライダーさん 
申しわけ有りませんでした

ワールドデー世界道路交通犠牲者の日 ピーコミパレードツーリング
122号線の道の駅では「みどり市市長石原条さん」が公務の合間
ライダーさんたちに声掛けくださいました。

11pcp2

ピース ピース ピースロード122しました!!

11pcp6.jpg

ダムサイトでピーコミツーの趣旨を説明しチラシを配布しました。
「久しぶりに・・・ピースサインを出してもらって 嬉しかったぁ」と
笑顔でチラシを手にしたライダーさんがいました!!

            思いを伝えよう!!
               言葉にしよう!!
                  行動しよう!! だねぇ!!

11pcp2.jpg

強風が吹く日曜日でしたが・・・西側の山が風避けとなってくれたので
木の葉舞い上がる空
彩り溢れた晩秋を満喫しました。

しっかり防寒をして北風も何のその・・・夏走りより・・・

今が・・・ いいねっ!!

11pcp3.jpg


「やっぱり バイクが 好きだなぁ~」 そんな事を呟きながら 走りました!!

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫