大助が傍に・・・居る

 2008-08-25
朝・・・・目覚めたとき 大助の存在を感じた。
なんだろう
この感じ

大助の夢を見ていたのかな・・・
思い出せない

大助が傍にいた余韻
ほんわか「し・あ・わ・せ」を感じた 朝

TVには
サザンの横浜アリーナコンサートが映っていた
♪真夏の果実 何気なくハミングしていたら
ブゥワーーーっと 大助があらわれた
そうだ
大助とおしゃべりをしたんだ

黒い学生ズボンに白の半そでYシャツ
登校支度をする大助が
せわしなく
家の中を行ったり来たりしている

「おにいちゃん・・・
Yシャツのエリが汚れてるよ」
「着替えたほうがいいよーーー」>私

「そうかなぁ~」洗面台の鏡に向かう
「あっちゃぁーーーーすんげー汚れてる」>大助

「Yシャツはねぇ~ここにあるよ」
タンスの引き出しからYシャツを出す
「あらら・・・長袖だぁ」
「今日は、ちょっと涼しいから長袖でもいいかねぇ~」>私

「うん いいーよぉ」>大助
Yシャツを腕まくりして着替えていた大助

ごくごく当たり前の・・・日常・・・・
夢の中の
大助との会話
私は「しあわせ」を感じていた

8月25日
北関東地域の学校は二学期の始業式だったようだ
家の前の道路は
学校へ向かう子供たちの靴音と話し声が通り過ぎる
高校生は自転車で坂道を下って行く

朝の風景

大助も二学期の登校支度をしていた
現実とリンクしている

不思議・・・・・

私は・・・大助が
私の傍にいたのを実感し

サザンの曲が流れる朝
一緒にハミングする大助の声を聴いた
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫