いのちのメッセージ展in滋賀開催中

 2007-11-17
「生命のメッセージ展in滋賀2007」のご案内

滋賀の近江八幡市内で「生命(いのち)のメッセージ展」開催中
理不尽に命を奪われた人たちの等身大の人型と遺品の靴が
展示されています。
お近くの方、ぜひご家族・友人とともにお越しください。

生命のメッセージ展in滋賀2007 ~今 そして未来を生きる~
日時:11月16日(金)から18日(日)
    9時30分~18:00 *最終日は17時まで
場所:滋賀県立男女共同参画センター
    G-NET しが 大ホール
    近江八幡市鷹飼町80-4 TEL0748-37-3751
    JR近江八幡駅南口より徒歩10分

in滋賀会場準備の様子

群馬から新たにメッセンジャーが参加しました
そのメッセンジャーH君のお母様と
10月30日に、お会いしお話をうかがい・・・
悲しい偶然に驚きました。

H君はゴルファーのハニカミ王子に似たイケメンの青年です。
モノづくり大賞を受賞し就職先の面接へ向かう途中
信号停車中に事故に巻き込まれ
救急隊員にお母様のケータイ番号を伝えられたのですが・・・・

モノづくり大賞と聞いて
もしかして学校は太田の産技専じゃないですか?
機械システム科?
私は矢継ぎ早にH君のお母様に質問してしまいました。
「えっ・・・どうして判るんですか」と
H君のお母さんはビックリしていました。
H君は大助の後輩だったのです。

大助は10日間しか通学できなかった太田産業技術専門学校

H君は卒業を前に
二十歳のお誕生日を前に
夢に描いたモノづくりの仕事に就く前に
未来を断たれました。

大助の机は卒業までの2年間
産技専の教室に置かれ花が飾られていました。
12年の時を経て・・・
同じ教室にH君も学んでいました。

どうして
未来ある若者の命が絶たれてしまうのか・・・
母達は互いの息子を想い涙しました。
メッセンジャーのH君が誕生した9月17日は
大助の誕生日でした。

夢と希望に溢れた若者の言葉魂を聞いてください
産技専の同窓生ふたり
滋賀のメッセージ展会場でお待ちしています


タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫