灯る

 2017-08-13
「今年 大助は 40歳なんだよな」
7月30日の朝 独り言のように 呟いた 大助の父・・・

「今年はさぁー 8耐が 40周年なんだってさぁー」
「うん そうだね・・・」

「あれぇ 確かさぁ タイムトンネルが 大助の年齢と同じだったよなぁ 」
「うん 9月の 大助の誕生日が過ぎて 同じになるんだよ」
「8耐は、誕生日前の年齢で・・・タイムトンネルは、大助が誕生日を過ぎて1歳増えた数だよ」

「そうだったなぁ~」 こんな会話をしたのは、
鈴鹿で8時間耐久レースが行われる朝だった。

8耐が行われる7月の最終日曜日は 我が家の特別な 夏の一日で・・・・
熱い 夏を 8時間 共に走り続けるんだ !! 

8tai_201708131555582b2.jpg
今年は・・・スタートからライトオンしている 夕暮れ時に ライトオンするのが恒例だったんだけど・・・ね

ライト点灯の時間になると 鈴鹿の空気が変わる感じがする あの瞬間・・・
8tai3_2017081316121856d.jpg
そして・・・・耐久レースが終わる  夏が 終わる 

チームヨシムラ 頑張ったねっ スタート直後に転倒して50位以下になってしまった。
力走!! 力走・・・力走 ゼッケン12
8tai6.jpg

桜井ホンダの水野選手は桐生出身の選手です!! 素晴らしい走りをしていました!! ゼッケン72
8tai5.jpg

私は・・・ただ今・・・耐久中 この耐久を戦い抜いてみせる!!  
勇気をもらったよ 

8耐 最高!! 

今 8耐の日の事をブログにカキコしている 今日 お盆の入りです。

早朝、墓所から灯を連れ帰る

tomosibu7.jpg

灯る火 かがり火 迎え盆





タグ :

”真実の記録”

 2017-05-05
浩次さんのお母さんが、小さな拳を握りしめ・・・大きな山に立ち向かっている姿を
群馬の片隅で見守っていました。

浩次さんのお母さんが、どんなにか悔しい思いでいられたのか
その思いを知る者として
その闘いの記録を拝読させていただきました。

”浩次さんが伝えたかった事を”・・・”真実を”・・・
多くの人たちに知っていただく事が出来ますね!!

「浩次さんのお母さんの闘いの記録」は
浩次さんの汚れない生きた証しとなりますね。

sinjitu.jpg


「僕は、信号無視を していない!」
~検察の理不尽な捜査と闘い続けた、母の15年間の記録~
ブックウェイ Book Way 発行


4月22日 大助の命日 「いのちのメッセージ展inわたらせ分校ミニメッセージ展会場に並ぶライダー」

hahafutari

ミニメッセージ展会場周辺に住んでいらっしゃる方が「0からの風」を観覧し
午後4時30分ごろ「秋桜の伝言」の記事を熱心に読んでいました。

事故形態のイラストを見ていたので、事故の状況を詳細に説明しました。

近隣に住む方の娘さんは救命救急士として太田市の病院に勤務している事
ご自身もバイクに乗られていて・・・
大助と同様の事故に遭った事を話されました。

バイクが転倒し自分は車の下に滑り込んだ状態になったと言うのです。

身動きが出来ずレスキュー隊に助け出されたのだと言うのです。

大助と同様の事故でありながら来場された近隣の方は
「なぜ」命が助かったのか?

私どもが、大助の事故の詳細を知る事が出来たのは
民事裁判を提訴し裁判所で調書類を自分でコピーをし
警察の実況見分書を入手してからの事でした。

加害者の自己保身の証言調書と現場検証に矛盾を見知って以降
胸の中に燻ぶっていたモノが22年後の4月22日に解き明かされました。

大助のバイクが転倒し加害車にぶつかった事で
車前方が3.3メートル 車後方が4.8メートル弾き飛ばされた
タイヤのズリ痕無しという記載に大助の父は不信感を持っていました。

kenbunzu
実況見分書(現場図クリックして拡大図ご覧ください)

現場検証に記載された車の移動形態(バイクの衝突による移動)の疑問の根拠は
車前方3.3メートル 車後方4.8メートル弾き飛ばされたとする加害車両の後部座席に
2歳の娘がシートベルトも着けず同乗していましたが・・・座席から転び落ちる事もなく
怪我もなく座ったまま泣いていたと言うのです。

来場者の方の語った中に
車の下で身動き出来なかった時の様子
目の前に汚れた車体が覆って息苦しかった事
折れたらしい腕が痛かった事・・・
レスキュー隊が来て救い出されるまでの時間が長かった事

その人の話を聞きながら・・・まるで大助が訴えているように
感じました(大助も同じだったのだろうと思いました)

「私の体に覆いかぶさった車が動かなかったので命拾いしたのです」
聞いた瞬間・・・体に電流が走りました。

その人の話から大助の父の心の中に燻ぶり続けていた事が
明確な事実であったと・・・はっきりしたのです。

加害者は車とバイクがぶつかった地点から車が移動した事を
バイクが猛スピードでぶつかって動いたと言い続けました。

私どもは大助のバイクの走行スピードに関して
加害者の主張80キロを上回る100キロだったと証言した
原付バイクの老人は実際にいたのか分からないのだけれど

原付バイクと大型バイクの走行検証をし
転倒バイクの摩擦係数を割り出し
大助の暴走行為は無かったと判決を得ましたが

大助は加害者が車を移動させた2度轢きによって殺された事実を
22年目の命日に辿り着きました。

加害者が加害車両を自ら移動させたと言う真実
大助は加害車両が移動した車の下で
体全体を捻じられ骨折を負い・・・殺されたのです。

足も手も首も顎も 体全体が・・・・

前輪と車体の間にあったヘルメットを被った頭は・・・・
ヘルメットのベルトが首を絞めベルトはちぎれ
顎は砕かれていました。

警察は・・・
「息子さんはヘルメットをちゃんと被っていなかったのじゃないですか」と
言ったそうです。

大助の首にはベルトの痕跡がありました。
ベルトの幅の赤い血が滲んでいた・・・

車体と前輪の動きに挟まれヘルメットは大助の頭と首を捩じり
ベルトが大助の首を絞めた・・・
そして
加害者の車の前輪と車体がヘルメットを弾き出したのです。

来場者の方と言葉を交わしながら 
私は泣いていました。

加害者が車を移動させなければ・・・大助は生きていた・・・・

大助の父は加害者に電話をして尋ねたのです(裁判が終わってから)
「あんたは自分で車を移動させただろう・・・」
「あんたの娘は後部座席にシートベルトも着けずにいたんだろう」
「怪我もしなかったって言うじゃないか」

でも・・・加害者は不可思議な車の移動を・・・
バイクがぶっかったからだと言い続けました。

私は22日当日には来場者の人の話を
大助の父に伝えられませんでした。
自分自身の心の整理がつかなくて・・・

30日の朝  話しました。

「やっぱり・・・なっ」
「大助も言いたかったんだろうな・・・」
「4月22日に来場した人は 大助の代わりに 話に来てくれたのかな・・・」

「あぁーーー 悔しいなぁーーーー」
「大助は やっぱり アイツに殺されたんだっ!!」

4月の最終日曜日 私たち夫婦は 口惜しくて くやしくて 泣きました。

浩次さんのお母さんの無念 口惜しさ
私も・・・同じ気持ちでいます。

22年目に見た 満開の桜 ミニメッセージ展の会場(旧神梅小学校体育館の横の桜の巨木)
満開の日はミニメッセ会場設営日でした・・・

ミニメッセージ展開催期間中 体育館の中に 花びらが 舞っていました・・・・

タグ :

やっと・・・現場に・・・・・・・・・

 2016-01-11
この冬は 例年の冬に比べると 暖かい 小春日和な温い日が続いている

世間は・・・年末年始の賑わいだったのかもしれない

我が家は 静寂の中に 止まっていた・・・・でも・・・・行こうと 決めていた場所へ  

gennba1

122号線を車で行く・・・視界が・・・バイクで走っている風景と違う感じ
現場を通り過ぎる 
トラックが一台路肩に止まっていた。

6月の あの日 

”カワサキに乗ったライダーは 待ち合わせの時間より 早く着いた集合場所から
草木ダム方向へ 「ちょっこっと走りをして来ようと思ったらしい」
122号線の消防署が有る その先の 自販機駐車でUターンをして 集合場所へ戻った”

そんな目撃証言があった事を 11月 O君から 聞いた
私の中で 燻っていたモヤが スゥーーっとクリアになり ”腑に落ち” 頷いた 

あの時 下り道を走っていたのは Denちゃんだった・・・

でも事故を報じた新聞記事は Denちゃんが122号線の登り方向を走り
反対車線へオーバーし対向のバイクと正面衝突したと書かれていた。

2台のバイクは一緒にツーリングへ行く仲間だったと言う
道の駅横のコンビニ駐車場で待ち合わせて・・・ツーリングに出掛ける予定だったとか

ツーリング仲間の ライダー同士が・・・

その場所へ 向う122号線の トンネル手前で バイクが大破し 路面に砂がまかれ
警官が現場検証をしている最中を目にしてしまった・・・

マスクの下で 唇が震えた

ピースロード122 ・・・・ 交通事故を無くしたい 思いが 空回り・・・

gennba2

交通事故被害者を想う 黄色い風車を ・・・・ 供え 祈りました 願いました・・・・・2016年1月4日  
タグ :

秩父路を行く・・・

 2013-04-17
思い立って・・・月曜日

予定もなくボンヤリしているのが勿体無くて・・・

秩父の山々が連なる西を目指して車を走らせた。



渡良瀬川に架かる橋の上から・・・秩父の山並みが見える

気持は・・・秩父モードに入る

寄居という町に来ると・・・心はスゥーーッと巡礼の境地



去年は足を運ぶ事が出来なかった

ここ数年、年末近くになって1年の締めくくり的な気持で

秩父を目指していた。



慈母観音が鎮座する四番札所と

子供を想う母が詣でた童子堂二十二番札所は必ず立寄る

重ね朱印で納経帳が真っ赤になるほど・・・



慈母観音にAさんの快癒を願った

去年末に来ようと思っていた矢先

Aさんは************ 私は・・・虚無感に苛まれ

ここを訪れる事はしなかった。(出来なかった)


シャメを撮って Aさんに 送った・・・・

慈母観音


いつも・・・唐突に出掛け・・・秩父路を走った

その度ごとに 胸の中に抱えた思いがあった

居たたまれず  命日に

加害者への・・・・思い・・・・

いろいろ いろいろ 抱えて 秩父路を 巡り走った・・・


秩父に向う車窓いっぱい・・・もこもこ芽吹く山々が広がっている。

あっ・・・どこからともなく桜の花びらが・・・

目の前のフロントガラスに舞う ひとひら なんとも奥ゆかしくて

私の気持ち・・・・・・和んでいた・・・

花散る慈母観音
 
一昨年12月13日 行きそびれた 三十番札所へ向う・・・

「道の駅あらかわ」へと左折して三十番札所へ行こうとしたら

パトカーが路肩に止まっていた????? 

警察官が迂回するよう指示していた山火事が発生して

この先は通行止めになっているらしい

「三十番札所へ行けますか」と尋ねると

警察無線からは消防に問い合わせ出来ないと言うのだ 「ウソ そんな・・・」

また・・・行けないのか・・・不安の面持ちで・・・

一昨年の冬は 引き換えした細い山道を登り 三十番札所に辿りつく

静かな たたずまいの庭に 腰を下ろし 一休み 山火事は鎮火したのだろうか

三十番
三十番札所 端龍山 法雲寺

武甲山春景
武甲山 春景

二十五番
二十五番 岩谷山 久昌寺

白壁木蓮
白壁 枝垂桜

二十四番
二十四番 光智山 法泉寺

なんでか・・・納経所の方が・・・納経所の窓を広く開け

私に話しかけてくださった!!

御本尊のことや・・・登って来た階段の段数の逸話(云われ)など

そして

「人がコワイ  残虐な事が多すぎて 人が恐ろしい」

「宗教に違いがあっても 殺戮しあっては いけない」

私は・・・

「そうですね・・・慈愛の心があれば 残虐なことは 起こさないですよね」

納経所の方に 言葉を返した。

なんでかな・・・納経所の方は わざわざ外に出て来て 

階段を下りる私を 見送ってくださった。

音楽寺
二十三番 松風山 音楽寺 秩父の街とハープ橋

童子堂
二十二番 西陽山 童子堂

童子堂ベア
今日は 大ちゃんベアも 一緒!!

だいちゃんベア
お兄ちゃん!!

圭三郎が・・・・日曜日に来てね・・・

お兄ちゃんの夢を見たんだ・・・・って 私に話してくれたんだよ

「カメラのフィルムが少し残っているから 何か撮って現像に出そう」って

お兄ちゃんが言って モトコンポのう後ろに立って写そうとしたら

とまとが・・・走り回っていてさぁ・・・


夢の話をする圭三郎の目が潤んでいたのを 私は見てしまった

私も ・・・・ 鼻の奥が ツッキュッとなって・・・

あぁーーー 4月 

大助 戻って来てくれたのかなっ!!


今朝は・・・お父さんが 大助の夢を見てさ・・・と

夢の話をしていたよ。


秩父札所巡り あと残すは 三十四番となりました。











タグ :

銀河鉄道に乗って!!

 2012-09-22
大助・・・ 交通安全推進イベント 無事終了したよ!!
赤城山を周走しながら・・・思ったんだよ

バイクに乗って走るのは・・・ホント 楽しいなぁ~ って 
大助も そう思うよね

大好きなバイクに乗って・・・お客様の修理部品を取りに行って
大助は命を断たれた

「どうして・・・ 」
「なんで車がバックして来るんだっ」
「こんな所で方向転換するなよ」
あの車を運転していたドライバーに 大助は・・・言いたかっただろう

大助 お母さんは 大助の命を奪った加害者に言ったことを・・・
「あなた一人の道路じゃないんだよ」
その思いを
交通安全推進イベントの提言に掲げたんだよ
「混合交通の道路にロードコミュニケーションの輪をつなげ交通事故撲滅!!」って・・・ね

大助・・・ バイクが好きだから・・・

楽しく走って交通安全推進イベントツーリングを企画しているんだけど
いつまで・・・走れるかな 
お母さんも お父さんも アラ還だものね・・・経年変化に抗えない

「バイク乗りは いつでも青春さっ!!」なんて気持でいるんだけど
て言うか・・・バイクに乗って走っている時は
18歳の大助が・・・
お母さんのバイクを支えてくれているように思えるんだよね(笑)

17日に家に着いてバイクを仕舞ったら・・・ザザザザザッと大粒の雨が降り出して
雨はドアの奥まで吹き込んだ・・・そして・・・10分足らずで上がって
空は・・・すぐに晴れて青空になった。

この雨って・・・大助が 大喝采してくれたように思えた。

17日は大助の誕生日 良太君のお母さんからワインをいただいたよ!!

誕生日

メッセンジャーの仲間からバースデーカードが届いたよ!!
薔薇の縁取りのカードなんて オトナだねぇ~

バーシデーカード

そうだよねぇ~・・・大助 36歳だもの オトナだよね!!


9月21日~23日・・・・「いのちのメッセージ展」岩手の会場に
大助は仲間たちと集う!!
岩手メッセ会場



岩手メッセ
             大助                 げんき君           たいち君
                     メッセンジャーたちは年齢を重ねられない
                      大助は・・・永遠に 18歳・・・    

岩手メッセ3
          「君ら乗る 秋雨の彼岸 銀河鉄道」 雨雲の向こうに 銀河は在るんだよね・・・・

                          見えないけれど・・・・幸い の 銀河鉄道





タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫