秋色の風・・・こころ染みる

 2014-11-23
一週間前の日曜日
11月第三日曜日は「世界道路交通被害者の日」だ

・・・交通事故削減の思いから始めた・・・・
ホームコースとも云える草木ダムまでのチョボツーで出会うライダーに向け
ピースサインアピール

ライダー同士がピースサインを交し合う様は
心の通じ合いそのものだ!!

昨今・・・とんと見かけなくなった情景
淋しいと・・・語るライダーは 少なくない

眼を三角にして突っ走る事は止めて
笑顔でピースサインを交わすのって・・・いいよね

道路を行き交う人たちとの意識共有をもたらす
ピースサインの交し合い
今年も・・・11月第三日曜 ピースロード122 走りました!!
14pcp1
ひとりピーコミツー

昼過ぎて・・・ 
草木ダムに来るのって ライダーさんたち的には 「遅いよ」って話ですよね・・・
まぁ~ でも この時節ですから 早朝は寒いでしょ
10時台は紅葉観光の車が多いかと・・・なんて 
軟弱ライダーは 陽射しで温もった昼過ぎに やっとこさぁ~ エンジン始動(苦笑)

ウインターブルゾンを着て オーバーパンツをはいて・・・ヨッシャーーー!!

土曜日は北風が吹いていたのだけど・・・
日曜日の午後
日光方面から吹く向かい風はそれほど冷たくはなかった

秋色に染まった葉を チラチラ ハラリ 散らす風の中を走り抜ける

数台のバイクを連らねた一団とすれ違う・・・ピース!! ピース!! 心込めて!!
ひとりのライダーのヘルメットがチョコンと傾いた
そうだよね・・・いきなりのピースだもんね・・・

連なる一団と数回すれ違う みんな もう 下る時間だよね

シルバーの大型マシンのライダーにサインを贈る
しっかり・・・ピースを返してくれた・・・・   いいなぁ~ これだよね!!

ダムサイトの駐車場に停車しているバイクは・・・数台だ・・・
14aki

先に来ていたライダーさんに「こんにちわー」と挨拶をする
「もう・・・寒くなり出したので 早朝は無理で 今頃になって来ましたよー」と話す
ライダーさんの手には缶コーヒー (たぶん・・・ホットだね)

あっ・・・屋根付き駐輪スペース!!

みどり市の石原市長が設置したんだ
去年・・・「ライダーに 優しい みどり市」宣言をした
それを実現したんだ
「ダム管理は国土交通省だから」
一市長の発案だけでは設置できないと・・・・言っていた・・・
自身ライダーである石原市長の「想い」が形になった

バイク好きの おばちゃんライダーの「想い」は・・・・
ひとり・・・コツコツと・・・
ひとりPCP
コツコツ ぽつぽつ だけど・・・ライダーやドライバーの 心の中には
互いを 思いやる 気持ちって 在るよね

走り すれ違うライダーたちが 
互いを思い合って ピースを交わす姿が 稀ではなくなると いいなぁ~
そんな思いを胸に 122号線を下り 帰路についた・・・

七曲りの手前信号を左に折れ・・・渡良瀬川に架かる橋に向う
ふと 左奥の広場の向こうにたたずむ・・・「わた渓」の無人駅に視線が行った
道の先に在る踏み切りに向わず
セローの前輪は駅舎へと・・・進んだ・・・

記憶の中の映像が パッと 浮かんだ 
ふたりの男の子の・・・笑顔が・・・ 車窓にはじける 
「渡良瀬渓谷鉄道に乗ろうキャンペーン」だった
秋の陽射しが キラキラしていた
小さな男の子

あの日・・・お兄ちゃんは
「ETの自転車が空を飛ぶイラスト」が入ったトレーナーを着ていた
お父さんは車で迎えに来てくれた
この駅に

秋色列車
男の子はプラレールが大好きだった

ディゼル機関車の事を「DE10」って お父さんに教えてもらい
「でーいーとお」と 口を尖らせ 言っていた

駅舎秋色

駅舎の木の長椅子に腰掛けて 迎えに来る お父さんを待っていたんだよね

秋色の風の中

秋色の風の向こうに 男の子の 笑い声が 聴こえるかもしれない

秋色電車2
視線の先にあった・・・30数年前の  秋色の風景 笑顔の男の子を捜す

秋色の風3



  
  


 




タグ :

走り日和・・・・

 2014-10-03
涼やかな風の中にキンモクセイの香りが溶け込んだ・・・その芳しい空気を
胸いっぱい吸込むと・・・懐かしい記憶の数々が溢れ出て来て
鼻の奥がツーーンとなって そして 胸がキュッとなる・・・

大助の誕生日にバースデーカードがメッセージ展の仲間から届きました。
バースデーカード38

~山田大助様 38歳のお誕生日 おめでとうございます~

「小さな時から、お父さん、お母さんが働く仕事を見ながら育った大助さん
バイクは、まるで人の体のように意志が伝わるものだと云う事を言葉にしなくても
分かるんですよね。心を込めて整備されたバイクは正直に走ります。
決して凶器にしないのがライダー、そのライダー魂をご両親は伝えたかったのね。
大助さんのライダー魂を守り通された立派なご両親との絆が・・・
これからも深く大きく育って行かれますように」

大助の宛名で届く手紙は・・・誕生日に届くこのバースデーカードだけになりました。
バイクに関る私ども親子の思いを深く綴ってくださったメッセージを読んで
またまた涙

全国の書店に「ゲッカンタカハシゴウ」創刊号が並んだ9月12日
我が家にも創刊号が届いた・・・
送り盆を過ぎて・・・

大助の誕生日に創刊号を読もうと思っていたのですが・・・
読めませんでした。

発売日12日に近隣の書店に行って
平積みに置かれた「ゲッカンタカハシゴウ」を見つけ・・・
本当に出版されたんだぁ~・・・と ため息(感嘆の)~
実は数軒の書店を廻りました。

タカハシゴウ

差込並びで他の雑誌に隠れた状態に置かれた「タカハシゴウ」を
目に止まりやすく手前に並べ替えたりした(笑)
チラッとページを開いて見た時 大助の姿(写真)が目に飛び込んだ・・・
・・瞬間・・・本を棚に戻してしまった。

喉元にググッと込み上げる「涙の塊」を飲み込む
本屋さんのフロアで泣くわけにはいかない
テッシュもハンカチも持っていなかったので・・・

お彼岸に封筒から出して仏前に置いたけど ページは・・・開けませんでした。

台風16号の影響で“雨彼岸”になる予報だった9月21日
直前に台風の進路が変わり走り日和となった。

10数年ぶりに復活したCBR400F3と共に・・・
赤城山周走ツーリングに出掛けた(kzbと)

加藤編集長曰く、「男の子が母親とツーリングするなんて信じられない」と言われた・・・
62歳になろうかと云う母親と33歳の息子が・・・チョボツーなんてね・・・

コスモス群れ咲く道傍で・・・あの日と同じ様に 秋桜フォトを撮る

コスモスの道


赤城北面を上がり西広域農道(群馬ロマンティック街道)へ下る長い長い下り坂
ふとサイドミラーに目を移すとデュアルヘッドの光りが
私の肩口に結んだ「ゆいピーバンダナ」揺れる丸いミラーの中で同じ距離を保って
追走していました。光りは突かず離れず(前走車を突くような走りをしない)・・・・
“お兄ちゃんも一緒だよね”透明な風に思わず語り掛けた・・・

鉄馬駆る 彼岸の空に 君映る

ロマンティック街道の途中にある「やまぼうし」と言うログハウスのお店で
食事をしながら(上毛三山パノラマ街道)の長い下り坂で見たサイドミラーの風景を
kzbに話した・・・「走りながらウルウルしちゃった」・・・なんて事を・・・

やまぼうしにて

午後4時35分・・・無事帰宅しました!!(走行117キロ)

帰宅


翌日 22日・・・タカハシゴウ(秋桜の伝言)を読む

原稿内容チェックをさせていただいた数箇所が校正され
現場図の車(ボックス車両)がUSアコードワゴンな感じに変わっていた

お彼岸に立寄ってくださった方に(タカハシゴウを)・・・読んでいただいた・・・

多くを語る事の無かった私どもの20年を・・・
この記事の中から読み知って・・・

「頑張ったんだねぇ~・・・」 「本当に頑張ったねぇ~」
「いろいろ・・分かったよ 辛い中 頑張って 生きて 来たんだね・・・」
そんな言葉を掛けていただいた。

大助の写真が随所にレイアウトされたページを読み進み
お父さんは・・・またまた ティッシュを手に・・・私も同じく

・・・・・・・・・・・・・・・頑張って 生きてきたね・・・互いに 頷く

大助の思い“ライダー魂”を証明する為に “生きた” 
バースデーカードに添えられたメッセージを読んで・・・
自分の気持ちに思い至った。

ゲッカンタカハシゴウ創刊号の中に収められた記事は
私たち夫婦と大助の人生を締めくくるエピローグ

赤城山を下る長い坂道 サイドミラーに映った空とF3
丸い鏡の中で・・・大助が 笑っていた!! 

秋桜の傍らで

タグ :

風になる・・・!!

 2013-09-29
8月の終わり・・・あぁ~ 一ヶ月前 赤城山を周走したんだった・・・・

・・・気持をリセットしよう・・・
「リセット」 「気持のリセット」 自分に言い聞かせ 走ったんだ

街中は・・・ブルゾンを着るには暑くて
ダンガリーシャツの襟を開け 軽やかな風を身にまとい 走り出したっけ

4月以来だった・・・
5月も6月も7月も 走りに行こうと思った日は 雨で
・・・セローは沈黙したままだったのだ

数ヶ月ぶりに走る  あれっ スターターが無言
バッテリーが上がっちゃったのかぁ?
何てこったい(グスッ) スタータープッシュを繰り返す
車体の何処かで「カッツ」・・・と 音がした
キュッキュッギュルギュルシタタタタ!!
おぉーーーエンジンが掛かった。

数ヶ月エンジンOFF 梅雨を越して 酷暑を過ぎて  

スターターは接触不良状態になっていたんだ。

キャブレターの中の劣化したガソリンを抜いて

スムーズな吹き上がり 安定したエンジンの音を確認

坂道を下る・・・ はずが・・・クラッチミートが

左の指を少しずつ広げ クラッチが繋るポイントを 探して・・・

走り出しが ギクシャク あぁーーなんてこったい

へなちょこライダーになってしまった(くぅーーー)ってな感じ

まぁ~ね 仕方ない 感覚が戻るのに・・・時間がね


122(ワンツーツー)に入って 七曲を抜ける頃 
風に・・・なれたみたい(笑)

道の駅横のコンビニで喉を潤す!!
自販機の前に停車中のハーレーさん二人とツー目的を談笑
木陰に止めたセローに戻ると・・・
菓子パンを食べながら牛乳を飲む125カブのライダーさんが
政治の話や日本人の精神論を切々と語った
125カブのライダーさんが菓子パンを食べ終わるのを待って
挨拶をして122に向った。

バイク乗りって・・・何てことなしに 言葉を交し合えるのです

爽快だぁーーーーー 熱風じゃない

122を外れ根利の山間に入る・・・道路標示の気温は24度 いいねぇ!!
大きなS字カーブを登った先のトンネル内は 
20度だって さぶぅーーい 

neri
ブルゾンを着よう!! ブルゾンを着込んで ほっ!!

しゃくなげの湯のT字路から赤城北面道路を駆け上がる シタタタタッ
ライダーは私だけ・・・って 思っていたら
下って来るライダーさん発見!! ピースコミュニケーションしよう!!
うぅっ・・嬉しい!! ピースを返してくれた!!!!!!!

boukyourain
西広域農道(ロマンティック街道)へと繋がる望郷ラインを下る
青い空 白い雲 榛名山の稜線 赤トンボ 赤城山麓は 秋の風情

赤城西山麓の街道沿いにアウルと言うカフェがあります。
お薦めは「赤城高原野菜ランチ」
aururanchi
Aさんが教えてくださった・・・・語りの会の人たちと語りランチをしたカフェ
Aさんとおしゃべりして笑い合ったひとときを思い出して・・・
窓から入る風に吹かれ・・・思い出ランチ

グリーンの縁取りの窓からは榛名山が見渡せます。
aurunite

カフェの御主人に尋ねた・・・
「渋川のAさんを御存知ですか?こちらをAさんに教えていただいて
  以前一緒に寄らせていただいたんです」

カフェの御主人は「Aさんからお預かりした物があるの・・・」と
懐かしそうに・・・ 
カフェの玄関先にある切り株に案内してくれた。
auruinorite
「あぁ~ 祈り手がある・・・」私は 思わず叫んだ

思いがけず・・・Aさんのことを 語り合える人と 会えた・・・

風が 導いてくれた 懐かしい人と 逢えた ひと時 

トットコ トットコ 走る ~空っ風街道~

ビックマシンがセローの脇を通り越す・・・通り越して
ライダーさんが左手を斜めに下げて挨拶をしてくれた

私は大きく手を振った・・・バックミラーを見たんだろう
ビックマシンのライダーさんが後ろ手を挙げてくれた!!

夏の終わり 赤城山周辺は初秋 風になる

昨日・・・GSXR1100の排気音が店の前で止まった・・・
「日光を駆け足ツーリングしてきたんだ」と言いながらカウンターに座り
熱いコーヒーを飲みながら・・・
「ブルゾンを着ないで走ったら寒くってさぁ」そんな会話をした

そして 私は 一ヶ月前の 赤城山周走の日の事を 思い出し・・・

一ヶ月遅れのブログカキコをしている(笑)

















タグ :

~ぐるっと赤城山~試走

 2010-09-07
北陸地方に台風9号が接近している
今年は・・・太平洋高気圧が猛暑をもたらし
例年では考えられない台風9号の進路であるらしい

群馬は・・・明日 大雨になりそうな予報である
今日は 
まだ空は青く 陽射しは熱い よっしゃーーー!!
走るぞ!!

~ぐるっと赤城山~ピーコミツーの試走をしよう

セローのエンジンは 
三峰神社の223キロを走り切って・・・良好
思い立って陽射しの下に出てみれば午後12時である
きゃーーぁーーーー熱ッ
でも
道は・・・昼時・・・スゥ~イ スゥ~イ

122号線から根利へと左折して赤城北面辺りを走る
気温26度 気持いいーーーー!!

トンネル

トンネルの中は天然のクーラーが効いている感じ

あっ 空に天使の翼雲!!

天使の翼雲

バイク って 最高!! だね 大助 

「しゃくなげの湯」に立ち寄り湯 昼蕎麦を食す
しゃくなげの湯

心なしか・・・木立が色づいているような?
そうだねぇ~
ススキの穂が道の傍らで・・・いっぱい揺れていた。

赤城山の裾野は 初秋の趣き

こんにゃく畑

こんにゃく畑のグラデーション

ブドウ畑

ぶどう畑に降り注ぐ陽射し もう・・・ 秋だね・・・

赤城地図

9月19日(日)も 今日のように晴れて
赤城山周走ツーリングを無事完走出来ますように!! 
 



タグ :

若葉の季節を待ちわびて

 2010-04-13
花散る道を走って 桜の季節と さようなら 【桜語りフォトスライド】
 
sakuramiti

二輪安全運転講習会があった4月11日
一人ピースロード122

口ずさむ
独唱ハミング「さくら」 
122号を走る
ハミングと風がコラボする 
コーナーが続く
車体の傾きを切り返す

ハミング

damu

バイクで走るには・・・・いい季節だものねぇ~
だいすけ!!
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫