暮れる・・・・年 そして 明ける 

 2017-01-01
たんたんと・・・一日が暮れて たんたんと 過ぎた一年ではなかったけれど 
静かに暮れる夕色時  気持ちが穏やかになった日もあった。

病や、怪我 そして心の痛みに耐え続けた人たちがいる
『暖かな春が来るころには・・・辛い状態から解放されるといいね』と
互いの思いが重なった

友からの便り

hagaki

遠く離れて住まう身ながら 心は通じ合い 便りにしたためた想いは重なり合う

yuugurenomati

年の瀬便りに ぬくもり ひろがった。 

いつも・・・身近にある景色だけど 季節や時刻や天候で 違う風景に見える・・・

浅間山元旦
我が家の直ぐ裏山から・・・長野県の浅間山が見える こんなに近くに!!  穏やかで 静かな 1月1日の朝

タグ :

彩雲の朝 ・・・・・虹の架け橋  黄泉彼岸 

 2016-10-01
空が 落ち着かない 台風が また 北上して来るらしい

東の雲に 七色の帯が 掛かっていた 朝
彩雲2016年8月23日午前5時40分撮影

天女の羽衣・・・・儚く  消えた 



まだ・・・・夕暮れには早い時間だった  窓から差し込む光が 部屋の中を金色に染めた
金色に包まれた 街・・・ 彼方の黄泉の国の扉が 開いたのかと思った
彼方の空2016年8月23日午後5時45分撮影


東の空を 振り返ると・・・  我が家の屋根から 駆け上がる 虹の架け橋があった
虹の架け橋
2016年午後5時47分撮影

彩雲の朝  黄泉の金色 街包む   彼岸の地へ届け・・・虹の架け橋 佳人 彼岸に在る

一空 一日 ここに在る
タグ :

雲間 射す 朝日束の間 ここに在る

 2016-09-17
今年は・・・台風の襲来多く 曇り空ばかり見ていたような気がする
朝 雲間から 陽射しを 見ても 1時間もしないうちに 雨模様になったりして

束の間朝日


黄色い花を照らしていた 陽射しは この一瞬
雲間朝日


朝露宿る ススキ穂の向こうにあった 輝きは ほんの束の間の事 
雲間射す
タグ :

陽は沈み・・・陽は また 昇る

 2016-01-05
ダイヤモンド菱富士

一日の終わり お陽さま が 沈む・・・・ 一年が過ぎる・・・ 沈む お陽さま この年 終わる


夕暮れの町

町が オレンジ色に包まれ  こころが ちょっと 温かくなった日**********
***********
桐生川の上流にダムがあって・・・・ ダム湖を見下ろす所に 手打ちうどんの店がある。

ダムが出来上がったのは いつ頃だったか…店の人に尋ねた。

我が家の 想い出の中に
           そのうどん屋さんは深く関わりがあった

そんな物思いに 染みる木々の色を 胸に仕舞い込んで…帰宅した。

家に入る前に郵便受けを開けた…ふっくらした封筒を見つけた。

封筒の中は ダム周辺の紅葉を思わせる色の 温もりが 手に触れた。

家路の途中…何を想いながらいたのか・・・・
温かなマフラーに手を包んでいたら 胸の中の想いを 話したくて・・・
とぼとぼ 桐生川の辺りへと 歩き出していた。

夕日が・・・マフラーと 同じ色の光りが 町を包んでいた 

寒いこころ
こころが 軋む  寒風 冷えた体が 軋む


香る朝陽

                 冬薔薇の 薫る朝陽や 年初め 
タグ :

君は風の旅人・・・・2014 夏

 2014-07-28
鈴鹿8耐の・・・・熱い走り
抜きつ 抜かれつ の 激走・・・・
ふっ と 胸がキュッとなった 
なんで? 
ピットロードからコースに出走しようとしているライダーの
メインスタンド前を突き抜けるライダーを確認するべく
左後方を確認する・・・左手を太ももに置いて・・・大きく振り向く ~瞬間~
その姿に・・・キュッ!! 

レース解説中 何度も 何度も 「鈴鹿8耐・・・今年で37回目となります」
そうなんだ
大助の年齢を言ってるようで・・・・
9月の誕生日が来ると 38歳・・・・
10月10日 筑波のタイムトンネル38回目なんだよね(今は筑波の開催は無いけど)
1994年17歳の大助と・・・鈴鹿8耐とタイムトンネルの狭間に
開催回数が大助の年と同じなんだね・・・・なんて話したよね

Kシュワンツは今年は出走ならず・・・・残念・・・シュワンツの走りを見たかったなぁ・・・

ペプシカラーヘルメットを被って・・・・なんて 無理だよね

今年の8耐はスタート時間に雨が降り スタートが遅れたらしい
雨雲は鈴鹿の方から流れて来たようで・・・この辺りが暗くなり大粒の雨が降り出した頃に
8耐がスタートしたようだ

途中・・・セーフティーカーが数回出る場面があり
本来の8時間を短縮するレース展開になった。

夕刻前から薄暗い鈴鹿のサーキットコースを走り連なるレーサーのジレンマ
あるいは・・・その走行中・・・緊張を緩める選手もいたようだ

終盤までトップを守ったチームのバイクが思わぬスリップダウンに遭い
エスケープゾーンの砂地に・・・・ライダーの体が・・・・
ダメーシが大きいだろうことを想像した・・・
パドックは言葉を失った
ライダーは救急搬送された・・・大変な状態ではない事を 祈った

・・・大腿骨を骨折したライダーが・・・
転倒車両を走らせパドックに戻って来た!!

「戻らなければ 自分の8耐は 終われない」 
チーム監督は・・・
「絶対 このバイクを 出走させます」「何時何分までに」と言い切った

チューブの“”♪終わらない夏“”が 聞こえた

8耐の長丁場・・・毎年・・・数々のエピソードが織り込まれ
熱戦激走を見守るパドックのピットクルー 
レース展開に固唾を呑み応援する観覧席の人たち

気持が 心が ・・・ つながる 鈴鹿

奇しくも・・・トップの座を得たチーム  
お立ち台に上がれるかもしれない4位チーム
残り時間を無事に走りきれるか・・・順位を守りきれるか・・・上げられるか

あぁ~ ライトオン走行の時間なのに チームヨシムラのバイクの前照灯が消えている

8tai2

何か・・・トラブルか?????????
セーフティーカー走行が長かったためにLEDライトに不具合が生じたのか・・・
ライト点灯出来ないと・・・Pインしなければならない
どうする 順位が 落ちる
無点灯の状態で周回していたチームヨシムラ
フロントが パッと明るくなった 点いたぁ~~!!

8tai
ゴール時間まで あと数分・・・
放射する光りが 流れ走る 
それぞれ応援するチームのカラーペンライトやケータイを振る観覧席

鈴鹿サーキットは 夕闇の中 星煌めく 夏の夜空に 浮かんでいる 

感動の夏 ・・・すずやかな風が・・・ 北の大地を思わせる

お兄ちゃん アリューシャンブルーのFⅢが復活するよ
f3

エアークリーナーボックスがアルミ仕様になってね(笑)
f32
 
8耐が・・・終わった   無性に 走風が 恋しい


 
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫