長野原高校へ

 2010-06-08
向かい合わせの列車のイスに置かれた花かごを見ながら

しみじみ・・・・ 

長野原の谷あいが後ろに過ぎて行く窓をながめ・・・・

今年こそ野反湖に来ようと思った。

hanakago T先生から頂いたお花

長野原高校の交通安全教室の枠組みの中で
私は生徒さん達に「交通事故遺族の思いを」話す機会をいただいた。

生徒さんたちには重すぎた話だったかもしれません。
事故が引き起こす2次被害・3次被害・・・・
そうした現実を知って欲しいと思いました。

物質的なものではない・・・心が壊される・・・と言うことを
何年経っても・・・・悲しみが襲ってくる
そんなことを・・・・伝えたかった。

以前は話す内容を原稿準備したのですが
榛名女子学園にトークボランティアで伺ったころから
レジメをもとに・・・聞いてくださる方々の顔を見ながら話すようにしました。
たぶん・・・文脈としては・・・まとまらない話になっているかと・・・
心配な部分はあります。

実は・・・レジメが見えなくて(暗かったため)錯綜気味だったような・・・・
予定していた話を20%ほどはカットしてしまいました。

まだまだ聞いて頂きたかったこと・・・・

メッセージ集を抜粋して聞いていただこう
榛名女子学園の園生との文信交流で思ったことなど
もっと・・・もっと お話したかったのですが 

それでも・・・時間オーバーしてしまいました。

生徒さんたちには
大ちゃんのお母さんが話したことが
その身に降り掛からないことを願うばかりです。
タグ :

語り旅

 2009-10-21
その写真を見ると・・・楽しい語り旅がよみがえる【フォトスライドへクリック】
旅の始まり

桐生と金沢の真ん中辺りで・・・ゆっくり語り合いたいねぇ~
そんな計画をしたのが初夏の頃だった
お宿を探して・・・・予約して・・・
あと一ヶ月ねぇ~なんて待ち遠しく思っていた旅

文通を交わし合い10年を過ぎ越して

金沢に住む人は古希を3年過ぎて
美術館や介護施設のボランティアに励み
背筋伸びやかに笑顔絶やさぬ人

人生の師

待ち合わせした列車の中で・・・笑顔を交わし
潟町ラーメンを食べ
宿まで歩き
海岸で語り合い
温泉に浸かり・・・・語り合い
夕食のテーブルを挟み 語り合い
布団に入って枕をならべ 語り合い

眠る

目覚め 語り合う

思う存分 語り合った 2日間

心の中に澱み潜んだモノを全て洗い流したような
語り尽くした旅だった。

さち子さん いつまでも 私のペンフレンドでいてください・・・

ふたり
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫