わたし の 「花 草 木 暦」

 2012-04-16
夕方6時を過ぎて・・・辺りが薄暗くなった頃
出掛けようと車に乗り込みながら・・・ふと 見上げた小枝に
ティシュペーパーの切れ端が付いているのかと思い
「この木何の木」に近づいて見た

「あぁーーーーー 花が咲いてる!!」私は叫んでしまった
「うそ  うそ・・・・ うっ うれしぃぃーーー」
「えぇーーー ほんとう 本当に 咲いてる!!」
「咲いたんだねぇ~」

この木 芽吹いて 4年 2009年の春
アスファルトの割れ目から芽が出て・・・
「何だろう この草? 木?」何なのか分からないけれど
その成長を見守り 折々 成長記録をブログに綴ったんだ


この木 スゴイ  【この木何の木ブログ】
この木何の木1

健気に・・・ 花を咲かせたよ 

季節を通し 見守った この木が ・・・

この木何の木2

・・・・・・・感無量 ・・・・・・・・

この木何の木3

3月 水仙が 見上げていた 4度目の春

葉が チラホラ 芽吹いた 4月 白い花びら 一輪 4月16日夕暮れ

そして ツバメの宿木に

この木何の木

去年 8月28日 南の空へ旅立ったツバメが返って来た!!
  
タグ :

夏空 白い雲 何の木

 2011-08-05
お預かりしていたバイクのお引渡しの日

青空と白い雲が 夏らしくて・・・・

そして、この木何の木が・・・そっと見守っている風情が

いい感じだった。

「RVF君 
 お待たせしちゃったね
 修理代が随分掛かってしまったね
 ごめんよ」  
アルバトロス工房のオヤジさんが言うと

RVF君は・・・
「そんなこと無いです。
2ストみたいな軽い吹き上がりのエンジンになって・・・
フロントブレーキのタッチが・・・すごーく変わりました」

RVF君は赤城北面に出掛けたのだが
エンジンが調子悪くなってしまったのだった

桐生市内で給油したガソリンが原因だったようだ 
キャブOHすると水が出てきたらしい・・・
そして
フロントブレーキをメッシュホースに交換した
腑抜けた感じでムギューーーと手応えがなかったらしく
メッシュに替え空気抜きをしたブレーキレバーのタッチは
ダントツに変化したと満面の笑顔

「自分はオヤジさんに
 このバイクの修理を沢山してもらいたいんです・・・」と
 言ってくれた

そんなRVF君とオヤジさんの会話を
この木 何の木 は 聞いていたのかな

夏空


ツバメが帰って来る 夕暮れ時には・・・三日月

三日月の夜
この夜 ツバメ18匹 お泊りでーーす


宿木フォト日記
フォトスライド(全画面クリックしてご覧下さい)
タグ :

宿木のツバメたち

 2011-07-16
毎日・・・夕暮れ間近になると・・・帰ってくるツバメたち
我が子が帰宅するのを待つような・・・・・・
そんな気持でいる このごろ 

夕風が心地よくなる頃には

宿木

身を寄せたツバメたちは・・・揺れる小枝を揺り篭代わりに 眠りの中

数日、夕立も無く 夜空に月が浮かぶ

月夜1

ツバメたちが・・・この宿木に 身を寄せなくなるのは いつだろう

月夜2

お月様が・・・だんだん丸くなる・・・

いつか 寂しい夕暮れになる日が 来るのだろうなぁ~

そう言えば・・・去年の海の日のこと 市内の水辺に遊びに行った日・・・ 
そうだった・・・日が沈んで涼しくなってsoraを抱いて散歩したとき
お隣の家の玄関のツバメの親子を見せてあげてたっけ

ツバメの親子

子ツバメたちが・・・エサを運ぶ親ツバメが戻ってくると
黄色い口を大きく開いて ピチュピチュ・・・ピチュピチュ 
「エサをちょうだい」 と さえずる
そんな子ツバメの姿を見て 指さしして喜んでいた sora

もう・・・1年が過ぎた・・・

この木何の木は3歳 今年はツバメの宿木となった
タグ :

ツバメのお宿

 2011-07-09
7月3日の夕暮れ時
あれぇぇぇーーーー こんなことって アリー
みたいな事を目撃した

それは・・・
夕方、買い物に行こうとして車に乗り込む時
何気なしに この木何の木を見た 瞬間
ナニ!! コレ!!

sudati

細い枝に・・・ツバメが数匹・・・風に揺れる小枝に摑まっていた
小枝は私の目の前に弓なりになっていた
今日・・・ 巣立ちをした若ツバメらしく
体には産毛のような毛羽立ちが残っている

ツバメたちは・・・3日の夕暮れ以来
この木何の木を我が家の如く 
夕方6時頃になると木の周りを旋回して
一夜の止まり木を・・・どの枝にしようか
ピジュッ ピジュッ ピジュッ と
一緒に夜を過ごす仲間とおしゃべりしながら
弧を描き木の周囲を飛び交う
電線に止まり・・・風に揺れる枝を見ているツバメ
隣のツバメと「ピジュリル」「ピジュリル」「ジュリルリル」と
にぎやかに・・・おしゃべりしている
どこかしこから戻ったツバメは6時30分頃には
お気に入りの場所を陣取る

oyado

空も暗くなる7時30分ごろには
ツバメたちは・・・夢の中・・・

お宿2

でも・・・どうして・・・この木なんだろう
初めて泊まった・・・お宿が気に入ったからなのかな?

それにしても
小枝はチョッとの風にも揺れる・・・
お宿定めしていた時
夕立の大雨と強風が襲って
ツバメたちは右往左往飛び交い逃げ惑っていた
雨の当たらない
風に吹かれない 
安心のお宿を探したほうが・・・いいのに・・・

早足で通り過ぎた夕立のあと
ツバメたちは・・・それぞれの場所に落ち着いて
また・・・眠りについたようだった

ツバメたちの寝姿を見て ほっ





タグ :

この木 何の木 2度目の秋

 2010-10-22
去年4月・・・アスファルトの割れ目から芽吹いた木は幹とは言いがたい細い一本から
数本の枝を伸ばし去年より多くの葉をつけ
葉は彩りを増し・・・2度目の秋を迎えました。

この木秋2

コスモスと背比べ・・・・

秋限定

今年の夏は酷暑だったので「この木何の木」の根元のアスファルトを剥がして
給水しやすくしてあげた

この木の根

道路のアスファルトの照り返しに負けず・・・夏を乗り切ったねぇ~頑張ったねぇ~ 


タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫