「いのちのメッセージ展」開催100回の大台

 2011-10-04
9月23日24日25日に
「いのちのミュージアム」開設1周年が日野市で開催されました。

私は・・・・27日に伺う榛名女子学園で行なうトークボランティアの準備があって
日野のミュージアム会場へ足を運ぶことが出来なかった。
小高い山間の学校のミュージアムは・・・メッセンジャーの家族にとって心和む場所で
久しぶりに会うメッセンジャーの家族同士の語らいの場所でもある

お逢いしたい方々の顔を思い浮かべ・・・そして・・・
大助に逢えない寂しさを心の奥に仕舞い込んで
榛名女子学園の園生から届いた手紙への返事を一人一人綴っていた。

新聞記事

そんな折
メッセージ展の100回開催の記事がメーリングリストで送られてきて・・・
鈴木共子さんの後ろに写る大助を見付け
あっ 大助だ・・・ぼんやりした写真でも・・分かったよ
ミュージアムに行けない私に・・・
顔を見せてくれたんだね!! そんなふうに思う母でした。

「100回目の会場には逢いに行くからね」・・・と 
共子さんと零君の後ろに立つメッセンジャーの大助に話しかけていた。

10月4日 ・・・・ 9月のスケジュールを全て完了して
背中に羽が生えたような気分で・・・
駅に滑り込んできた電車にキップを買う間もなく飛び乗った。

5年数ヶ月毎月乗った電車・・・あのころ無かったスカイツリー
ここに建っていたんだぁ~

スカイツリー

ちょっと 一休み フローズンヨーグルトなんか 食べちゃった。
まだ少し早いので浅草寺にお参りをした。

銀座線 新橋のひとつ先の虎ノ門まで・・・・さぁ~ 会場に 行こう!!

100回

会場についたら・・・真っ直ぐ大助に逢おう!! って 
勢い込んで会場の日本財団ビルに向った。

会場フロアに着いて直ぐチラシの修正シール貼りの手伝いを始めた 私
シールを貼りながらメッセンジャー家族と・・・おしゃべり・・・
あららら・・・大助 ゴメン
ゆうすけ君ママと8耐話で盛り上がっちゃった。
8耐話が出来るのって 嬉しいよね 大助 聞いてた!!

チラシ修正のシール貼りを終えて 会場の何処かにいる大助を探した。

だいすけ

だ い す け 見っけ ・・・

くつ

大助の前にかがんで・・・ライディングシューズを揃えながら・・・
~ぐるっと赤城山~のことや 榛名女子学園の講話のことや いろいろ 話した。
クツを見るとクツひもがグズグズになっていたので結び直そうと思い
紐止めのベルトを外した。

うん 待てよ このクツ紐は大助が結んだんだよね・・・
あれっ マジックテープのところに茶色いモノが付いてる 
泥?・・・違う とまとの毛だっ 
瞬間 ぽろぽろっ ぽろ 大粒の涙が・・・白い天板に落ちた 

「大助」と「とまと」 我が家にいた子

クツ紐は結び直さず紐止めベルトを元に戻した。

「大助」と「とまと」が我が家にいた証しを・・・このライディングシューズに
留めておこう

くつ2

このライディングシューズを「生命のメッセージ展」の下宿屋さんに託した時の思いが・・・
小さな絵本を手にして甦りました。
鈴木共子さんの手作り絵本・・・暖かな涙を・・・誘います。

会場フロアでピアノ演奏してくださったピアニストさん!!
リクエストにお応えいただき ありがとうございました。
私は大助の前のイスに座って・・・
アレンジが軽やかなタッチの「虹の彼方に」 心が躍るような調べ・・・

ピアノ

インペリテリの・・・空を突き抜けるエレキギターの音が最高だった!!
・・・筑波サーキットの表彰式の時
     大音量で 響き渡っていた ハードロックな「虹の彼方に」
      タイムトンネル 全日本最終戦 懐かしいねぇ ・・・
 
「でもさぁ~ ピアノの音も いいよね」 なんて 大助 ボソッと 呟いていた かも・・・ 


タグ :

いのちのミュージアム

 2010-09-04
今月 25日
日野市百草に「いのちのミュージアム」が開設オープンします。

そこは廃校となった小学校です。

教室や廊下のあちらこちらで・・・・メッセンジャーに・・・
いつでも会えるミュージアムです。

大助が・・・・ミュージアムの産小屋で誕生しました。
今年の9月で 
大助は・・・34歳になります。

永遠の18

想句 
☆ 星々の またたき そよぐ・・・ 
  君がいた・・・夏
               永遠の18 ☆ 
タグ :

生命のメッセージ展in札幌から群馬へ

 2008-06-11
「YOSAKOIそーらん祭り」の熱気と
ポプラの綿毛が舞い上がる爽やかな風が吹き抜ける札幌

札幌駅北口に建つエルプラザ3階ホールで
北海道では2度目の開催となる生命のメッセージ展
ハートの風船が揺れ
メッセンジャーたちが語り合っているような
和やかな会場は・・・・こころ癒される空間だった
札幌


最終日ハート型の風船は空へ放たれ
メッセンジャーたちがにこやかに青空へ駆け上がって行ったように感じた

風船


大助の夢
愛機で走り巡りたかった北海道
広々とした北の大地
見渡す限り・・・続く・・大空・・・
ライダーハウスに宿泊し
ライダー仲間と語り合う 青春

大助の夢を 父と母は 体験したよ
ライダーハウス

名も知らぬ人たちと一晩 
語り合い・・・
名前を告げ・・・
知り合う

ライダーハウスは北星余市高校生の下宿屋さんだった
勉強 友だち 恋 就職 
悩み・・・迷い・・・だけど 青春真っ盛り
この子たちに
メッセンジャーに会って欲しいと思った。
持っていた札幌のチラシを渡し
「会場に来て」と伝えたが
彼らの今と・・・メッセンジャーの存在は遠かったようだった
でも・・・
いつか彼らが・・・
何処かで開催されている生命のメッセージ展会場で
メッセンジャーに会ってくれたなら
2008年の6月に出逢ったおじさんとおばさんが話していた
いのちのメッセージ展のメッセンジャーって・・・・
大切な何かを感じ取ってくれると
思うのです。

生命のメッセージ展群馬のサブタイトル 「夢 希望 いのち未来へ」
夢 
未来を創造する

こころが折れてしまうようなことがあっても
希望に向かって生きる・・・喜びを・・・
いつの日か感じられる

人が人の
生命を奪う
夢を奪う
希望を打ち砕く 
そんな不条理・・・
あってはならないのです。

未来を創造しない独りよがりな行動は・・・悪夢です。
 



タグ :

生命のメッセージ展inぐんま県庁のチラシ・ポスター

 2008-05-23
7月17日から20日までの4日間
群馬県庁県民ホールで開催の「生命(いのち)のメッセージ展」用の
チラシとポスターが出来上がった

チラシ・ポスター


予定より1ヶ月遅れの出来上がり・・・
3月の年度末と4月の新年度の狭間で
後援依頼申請の動きが遅れ
そして決済が出て・・・・
印刷刷り上りは・・・ようやく本日となった次第・・・

開場となる群馬県庁をアピールしたかったので
県庁の写真を表に差し入れたかった
県のHPに使用されている写真を使わせていただこうと
県に問い合わせたところ却下

ヤフートラベルにアップされていた写真の掲載元を
ヤフーに問い合わせをして教えていただいて
「ビジュアルぐんま」さんの写真を転載させてもらった

サブタイトル
「夢 希望 いのち未来へ」をイメージできるようなレイアウトを考え
原稿手直しを繰り返し仕上がったチラシ2万枚
これから各方面へ配布する梱包されたチラシを目の前にして

感無量・・・・と・・・しみじみしていられるのは今日だけ

ポスター貼り出しのお願い
支援のお願い
映画「0からの風」上映告知などなど

6月は多忙を極めることと思う

きょうはこれから「南の麦」に行って 青空コーヒーブレイクしてこようかな!! 



タグ :

生命のメッセージ展早稲田

 2007-12-08
早稲田キャンパスで開催中の生命のメッセージ展会場は
白い雪が積もるモミの木を中心に
メッセンジャーが集うクリスマスの雰囲気
クリスマス早稲田


早稲田の活気あふれるキャンパスで
メッセンジャー達も輝いていることでしょう
輝く笑顔


大助もそこにいるよ
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫