FC2ブログ

誰かの 記憶の中で・・・

 2018-12-30
年末寒波襲来・・・今 猛暑の7月を思い出している

青空 白い雲 木造校舎 旧花輪小学校の音楽室 ・・・

花輪小学校

同級生

大助の同級生の女性が女児を連れメッセンジャーとなった大助に語りかける姿と
出会いました。

メッセンジャーの大助を見て「あっ 大助君!!」と声を上げた女性に・・・
私が大助の母親であることを名乗ると・・・その女性は 一瞬 絶句しました。
そして、
「だいちゃん・・・・だいちゃん」「おとなしくて・・・工作が上手で」・・涙を浮かべながら
「ステンドグラスのような絵を作った時に、だいちゃんは・・・細かくセロファンを切って 
夜の街の家々の灯を描いていた・・・」と大助の様子を話し
「私は大雑把にセロファンを切っていたから、
細かにセロファンを切って絵を仕上げていた、だいちゃんの事・・すごく覚えている」
「鮮明に覚えている」・・・

 「小学校の頃のだいちゃんが 記憶の中から飛び出してきた」

ぽつり ぽつり 話すお母さんとメッセンジャーの大助を見比べている10歳の女の子は
「お母さんと同級生?」と、お母さんの顔を見上げ不思議そうな顔をしました。
女の子に「うん そうだよ だいちゃんは 18歳のままだね」
「私は41歳になったよ」とメッセンジャーの大助に語りかけ・・・そして女の子の顔を見つめました。

大助の同級生が子供と一緒にメッセージ展会場へ来たのは初めてでした。
私は少し戸惑いながらも、大助の同級生の親子に親しみを感じました。
10歳の女の子は大助の名を母親同様に「大ちゃん」と笑顔で呼び掛けてくれたことに
気持ちが和みました。大助の事を記憶に留めてくれていた同級生の存在が嬉しかった
大助がメッセンジャーとして参加しメッセージ展開催会場に立ち並ぶ思いの中に、
大助を忘れないで欲しいという親の(自分の)思いがあったことに気づきました。


9月、群馬県庁県民ホールの本開催会場では
群馬県警察学校の学生たちが158命のメッセンジャーと対峙する機会が叶いました。
7月に警察学校で学生たちへ講話をさせていただきました。
内容は「現場検証と事故状況に差異」「加害者の嘘・被害者父に証言を強要」
「損保会社による“過失の捏造”保険会社鑑定人の偽証」等でした。

メッセージ展とメッセンジャーについて(講話の最後に伝えた事)
メッセンジャーの痛みや苦しみ口惜しい思い、遺された家族の辛い毎日を想像してください。
158命の被害者と遺された家族の思いを身近に触れる機会としていただけたらと思います。

警察官である先輩の皆さんが「学生の時に、いのちのメッセージ展の会場へ来てメッセンジャーに会う機会が有ったら・・・
いいと思う」と言われた「いいと思う」の言葉には深く沢山の意味が込められているように思います。

警察学校を卒業され職務に就かれる日々の中で、メッセンジャーの中の誰かの事を覚えていて
ください、そして日常業務を疎かにしない事を約束してくださいと講話を終えました。

誰かの記憶の中で・・・大助が生きている!!  

そう信じられる 1年だった。
タグ :

2019年桐生市で「生命のメッセージ展」が開催されます。

 2018-11-22
10年前に桐生市の高校生がメッセージ展を開催しました。

2008年群馬県庁で開催されたメッセージ展は
「ひまわりの花の絵」を多くの方々に描いていただき
会場に貼り出しました。

2008年県庁会場フォトは見られませんが
「ひまわりの絵」を書いてくださった諸団体のお名前が表記されています。

来年、桐生で開催準備をしている青年は、2008年の県庁メッセ開催の折に
知り合いました。

前開催から10年

今開催の会場へ群馬県警察学校の学生さんたちに
来場いただくことが叶いました。
「いのちの授業」とサブタイトルのメッセージ展の会場には
多くの小中学校の生徒さん達の姿が見られました。

来年、桐生市で「生命のメッセージ展」開催準備をしている青年は

tunagareinoti
                       長岡昇汰さんと言います!!

今年、群馬県庁メッセに長岡さんはボランティア参加していただき
                              設営や開催中もお手伝いに来てくださいました。

keitodama

赤い毛糸を結ぶ係りをしながら
             この毛糸を結ぶ事の意味を来場者の皆さんに伝えてくれました。

kiryuuhe

「生命のメッセージ展in桐生2019」 ”もういちど あなたと”開催に向け
開催代表の長岡昇汰さんは開催資金をクラウドファンディングで集める事を
呼びかけています。

下記の長岡さんが開設したFbに詳細がアップされています。
https://www.facebook.com/inochi.kiryu/?ref=page_internal

桐生市で開催する
「生命のメッセージ展in桐生2019」会場で!!
来年の夏
ご協力いただいた 皆様と 想いを共有して・・・ 桐生でお会いしましょう!!

今年度9月群馬県庁にて開催のメッセージ展へ、ご支援ご協力いただきましたボランティアの皆様
御後援をいただきました各諸団体に感謝申し上げます。

「生命のメッセージ展in桐生2019」 ~もういちど あなたと~
皆様からの ご支援ご協力を 宜しくお願い申し上げます。 

タグ :

世界道路交通被害者の日

 2018-11-16
11月第三日曜日は世界道路交通被害者の日です。

皆さんに聞いていただきたい歌があります。
今年、九月群馬県庁で開催された
「生命のメッセージ展in群馬県庁」会場でお会いした
小栗幸夫さんが作詞作曲をされた
”きみがいるから”お聞きください ← クリックしてね!!


詩がいいです!! 映像もステキです!!

この歌を聞いていたら・・・ 無性に お兄ちゃんと一緒に 走りたくなっちゃった!!

1114

走りたいよーーーー お兄ちゃんと!!

1993年11月14日 榛名湖にて



タグ :

夕日が きれいな 街

 2018-10-29
夕焼けが きれいだった・・・ ただ それだけの 事

オレンジ色の  空  心が  あたたかくなった

先週・・・ 気管支炎になってしまい  体が・・・しんどかった

家の中に居て   空が  オレンジ色しているのが  分かった

とても 久しぶりに 夕焼けを見たような・・・

asamayama

確か 去年の今頃 も  夕焼け坂 なんて事 言ってた

yuuyake

何てことない  街の  何てことない  夕焼けが ・・・・ 心に沁みる

何てことない  バス停で  

kimiwomatu

夕日の中に立つ 君を 待つ!!
タグ :

生命のメッセージ展inぐんま県庁Ⅱ開催

 2018-09-18
生命のメッセージ展inぐんま県庁Ⅱ
【1.開催日時と期間】 本開催メッセージ展 (全メッセンジャー派遣)            
開催日:2018年9月23日~9月30日 *設営9月22日(土)午後1時30分より
開催時間:午前10時から・午後 5時 *撤収9月30日(日)午後3時から 
開催地:前橋市群馬県庁県民ホール南                     
【2.開催地&会場名】  開催地:群馬県前橋市 会場名:群馬県庁県民ホール
【3.催事名】:生命のメッセージ展inぐんま県庁Ⅱ“いのちの授業”あなたの大切な人は誰ですか
主催団体名:いのちのミュージアム群馬実行委員会 
共催:公益社団法人 被害者支援センターすてっぷぐんま
        後援 : 群馬県 群馬県警察本部
gmkm


9月秋の交通安全週間の交通安全推進を掲げ県内でも交通事故抑止の呼び掛けが
行われます。交通事故により大切な命を失ったメッセンジャーの思いや家族の思いに
心傾けてください。ご家族そろって団欒を過ごせる日常の幸せが交通事故によって、
断たれる事の無い身近な地域から交通マナーを守って交通事故を無くしてください。

いじめや事件事故の撲滅を願い、未来ある子供たちの大切な命が守られる群馬に
群馬県教育委員会が目指す「生命の大切さを理解し」「生きる力を育み」「群馬の未来を担う人づくり」を、
メッセンジャーから学んでいただけたらと願います。
生命のメッセージ展は小中学校の道徳の“命を学ぶ”教科書に選ばれました。
ご家族そろって群馬県庁県民ホール南会場へ足をお運びいただいて大切な命について、
ご家族で話し合う機会としていただけますようメッセンジャーが皆さんの御来場をお待ちしていす。

*提言展示
今開催会場では、3年前の夏、自転車に乗っていた中学2年生の子供さんを亡くされた
高崎市在住のお母様が「トラック巻き込み事故を無くしたいとの提言展示を行います。」
・自動車を優先する道路設計・自転車の安全が寸断される道路・未来ある子供たちの命を守る

「西毛広域幹線道路計画変更」に対する「意見書」を提出され8月28日県庁にて公聴会が
開かれました。県の道路計画をする職員の方々、市の方も、資料で発見があったようでした。
と報告を頂きました。

*群馬県警察学校の学生たちへの命の授業
警察学校の学生さんたちへの授業の一環として生命のメッセージ展県庁会場へ来場いただける
ことになりました。158命の被害者と遺された家族の思いを身近に触れる機会としていただき
メッセンジャーとの触れ合いから大切な命を守る心構えを具えていただけたらと思います。
そして、警察学校を卒業され職務に就かれた日々の中で、
メッセンジャーの中の誰かの事を覚えていてくださったら嬉しいです。

gmk1

7月25日に警察学校で講話をさせていただきました。

gmk2

~ひとりで悩まず相談ください~
被害者支援センターすてっぷぐんま・県警犯罪被害者支援室の活動展示ブースにて
支援制度のご案内やご相談など担当者が会場に在中しています。
 お困りの方に支援をしていただける場があることを知っていただきたいです。

nayami
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫